金曜日の雨も上がり、お昼頃には晴れてくるとの予報だったので、昨日(土曜日)、朝から久々に交野市私市の「大阪市立大学附属植物園」へ行ってきました。

例年なら枝垂れ桜とカタクリが、見頃を迎える頃なので、野鳥とともに被写体はいっぱいあるかと期待して出かけました。

ただ、今年は桜の開花が遅れているので、不安もありましたが、この植物園は寒桜もあるので、何かは咲いているだろうと言う気持ちです。

 

IMGX170401_7408_S
予想通り「枝垂れ桜」や「ソメイヨシノ」などは、まだ咲き始めで見頃まではまだまだでしたが、寒桜が満開で見頃となっていました。
後の紅白は、ちょうど昨日、野点の催しがあるとのことで準備をされていました。

桜の開花が遅く、延期されていた「枝垂れ桜の夜間ライトアップ」も昨日4月1日から始まりました。(4月6日迄です。)

 

IM7D1704012511_S
雨上がりということで、花に滴がついて、花がしっとりした感じでした。
お天気は、なかなか雲が切れず、肌寒い曇り空が続きました。

 

IM7D1704012556_SYLK_S
日差しが無いので、反対にギラギラし感じにならず、絞り開放で明るい雰囲気で撮影できました。
< CANON EOS 7D Mk2 + TAMRON SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD にて >

 

IM7D1704012564_SYLK_S
梅も少しだけですが、遅咲きの梅が咲いていました。(旭光青軸という品種だそうです。)

 

IM7D1704012572_SYLK_S
こちらも寒桜の仲間だともいます。

 

IMGX170401_7428_S
桜山の枝垂れ桜です。
咲き始めで少し色づいてきていました。

 

IM7D1704012585_SYLK_S
部分的に切り撮るとそれなりに絵になりました。

 

IM7D1704012592_SYLK_S
こちらも満開の寒桜です。
例年、ここで桜とメジロを撮っていたのですが、昨日はメジロが来ていませんでした。残念!

 

IM7D1704012607_SYLK_S
相変わらず空は灰色なので、空ができるだけ入らないように気にしながら撮っていました。

 

IM7D1704012608_SYLK_S
寒桜はピンクが濃いので、明るめに撮影すると華やかな感じになります。

(ここまでは、「 CANON EOS 7D Mk2 + TAMRON SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD 」で撮影してきましたが、ここから先は鳥モードの「 CANON EOS 7D Mk2 + EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 」での撮影となります。(広角の写真は「 CANON PowerShot G7X 」で撮影しています。)

 

そして、久々に出かけて残念だったのが、この池淵の枝垂桜です。

IMGX170401_7432_S
以前は、大きく広がる枝垂れが満開になると、池に映る姿が素晴らしかったのですが、弱ってこんな姿になっていました。

IM7D1704012615_SYLK_S
幹から出た小さな枝の花が、少し悲しげでした。

 

この後、「カタクリ」へ向かいました。

IM7D1704012641_SYLK_S
「カタクリ」もつぼみが開き始めたところで、開いているの数輪でした。
その上、曇り空で寒いので、カタクリらしく開いている花がほとんどありません。

   

IM7D1704012626_SYLK_S
カタクリにも前夜の雨の滴が残っていて、いい雰囲気でした。
雲の隙間から少しだけ陽が当たりました。

 

IM7D1704012651_SYLK_S
一輪だけパッと開いた花がありました。
上に反るところまではいっていませんが。

  

「ソメイヨシノ」が植えられている広場へ行ってみましたが、数輪咲いている木がある程度で、見頃は来週以降でしょうか?
桜もカタクリも今年は長めに楽しめる雰囲気でした。

  

IM7D1704012670_S

IM7D1704012674_S
「ボケ」の花がちょうど見頃できれいに咲いていました。

   

IM7D1704012690_S
野鳥を探して山の中を歩いて見つけた「ミツマタ」です。
満開で、ピークを少し過ぎた感じでしたが、きれいに咲いていました。

  

IM7D1704012664_S
お昼過ぎには、枝垂れ桜の下の野点の催しにも人が多く集まっていました。
どんよりして肌寒いので、お客さんもお花見にしては厚着の服装でした。
例年なら満開の枝垂れ桜の下での野点だったのでしょう。

  

このような感じで春の花を楽しむことが出来ました。
野鳥を撮りながらの花撮影だったので、種類が少ないですが、花撮りがメインであれば、もっといろいろな花が咲いていて、花だけでも一日楽しめるところです。

同時に撮影した野鳥の方は、「野鳥不定期日記3」のblogにアップします。