遅くなりましたが、10日の体育の日に出かけた「びわこ箱館山」と「マキノ高原のメタセコイア並木」の様子をアップします。

  

3連休の最終日ということで、高速道路の混雑を回避したく、ちょっと早朝の出発です。

s-IMGP1610108233_SYLKP

出発前に自宅マンションの廊下に出ると、夜明け前の美しい空を見ることが出来ました。

冷っとした空気が気持ち良かったです。

  

名神高速から湖西道路を通って湖北へ向かいますが、早朝に出たので渋滞もなく順調に向かうことが出来ました。

ちょっと早めだったので、湖西のフォトスポットに立ち寄りました。

s-IMGP1610108252_SYLKP

国道沿いにある「白髭神社」です。

   

これだとちょっと歴史のある神社という感じですが、有名なのはこちらです。

s-IMGP1610108237_SYLKP

びわ湖に建つ鳥居です。

(逆光でちょっとアンダーにして撮りました。)

   

s-IMGP1610108248_SYLKP

広いびわ湖に建つ鳥居を初めて見た時はビックリでした。

   

この日のドライブは、下の娘のリクエストに応えてのもので、娘も親に負けずに写真を撮っていました。

s-IMGP1610108253_SYLKP-001

左手の指先に注目です。(笑)

詳しくは後ほど。(汗)

  

びわ湖の鳥居を撮った後、箱館山へ向かいました。

   

s-IM7D1610105041_SYLKP

箱館山の山頂へ向かうゴンドラです。

   

s-IM7D1610105047_SYLKP

ちょっと早く着き過ぎたので、駐車場でウロウロしていると、軽自動車から可愛い子ザルを連れた美人さんが降りてきました。

カメラを向けるとこちらを向いてくれました。

今日はお仕事で来ていたようです。(詳細は後ほど)

   

s-IMGP1610108273_SYLKP

ゴンドラで山上に上がると美しい秋の景色が広がっていました。

青空も最高です。

  

さらに左奥に見えるペアリフトで標高680mの見晴台へ上がります。

(冬場はスキー場ですが、シーズンオフもうまく使っていますね。)

  

s-IMGP1610108283_SYLKP

見晴台からの、美しいびわ湖と今日の目的の一つの「ススキ」です。

   

s-IM7D1610105099_SYLKP

そして、もう一つの目的の紅葉した「コキア(ほうき草)」です。

   

s-IM7D1610105105_SYLKP

この箱館山のコキアパーク(イベント)は、この日が最終日でした。

ちょっと倒れた「コキア」もありますが、赤くきれいな「コキア」を楽しめました。

   

s-IMGP1610108294_SYLKP

湖北の山並みと「コキア」です。

  

s-IMGP1610108321_SYLKP

スキー場の中の「コキア」ですが、一年草なので、スキーシーズンには、なくなるようです。

夏は「ゆり園」となり、本当に箱館山スキー場は、うまく使ってますね。

   

s-IM7D1610105111_SYLKP

「ススキ」の向こうに見える「コキア」です。

   

s-IM7D1610105130_SYLKP

遠くの「コキア」をメインに撮影しました。

  

s-IMGP1610108304_SYLKP

下の娘もがんばって撮っていました。

やっぱり左指の上に何かありますね。(わかりますか?)

   

s-IMGP1610108314_SYLKP

「ススキ」もちょうど見ごろの感じでした。

夕日の中だと、黄金に輝くでしょうね。

  

s-IMGP1610108315_SYLKP

見晴台からの様子です。

   

s-IM7D1610105184_SYLKP

「フラワーアート」エリアです。

「コキア」とカラフルな花々を植栽したエリアです。

  

s-IM7D1610105215_SYLKP

ヒュッテの前で駐車場で見た子ザルとお嬢さんが、お仕事をしていました。

子ザルと扱う人もまだ若いですが、一生懸命な姿に皆さん大きな拍手でした。

  

この後、同時開催中の「ダリア園」へ向かいました。

s-IM7D1610105261_SYLKP

「ダリア」もちょうど見ごろとなっていました。

  

s-IMGP1610108351_SYLKP

その「ダリア」と「ススキ」の草原です。

  

s-IM7D1610105242_SYLKP

この日は、ちょっと風が強かったので、シャッター速度を遅めにして、「ススキ」の穂に動きを出してみました。

   

s-IM7D1610105217_SYLKP

「ダリア」の中でも下の娘は、がんばっていました。

この写真で、娘が何を撮っているか、わかりますね。

   

ちょっと横から撮らせてもらいました。(娘のイメージとは違うようですが。(汗))

s-IM7D1610105220_SYLKP

  

s-IM7D1610105274_SYLKP

娘は今、ジブリの世界に夢中なのです。

  

ちょっと箱館山から外れますが、

その結果、下の娘が、こんな賞まで取ってしまいました。

s-IMG_0919

s-IMG_0918

いやいやビックリです。何と全国No.1でした。

そして、来年の応募に向けて、今回の箱館山となりました。(汗)

指人形を使っての撮影は、感性の違いですね。

私には、真似のできない世界でした。(泣)

  

箱館山に戻ります。

s-IMGP1610108372_SYLKP

ヒュッテの前から見た様子です。

中央のエリアは、家族連れの子供たちが遊べる「Kid's World」となっています。

子供たちも遊べるように考えているのが、箱館山のエライところですね。

「コキア」、「ススキ」、「ダリア」では、子供は飽きますからね。

その上、写真は撮っていませんが、ここには、「ワンちゃん広場」もあって、ワンちゃん家族連れも楽しめるようになっています。

  

箱館山でお昼を食べて、次にマキノ高原へ向かいました。

  

s-IMGP1610108379_SYLKP

昨年、黄葉を撮りに来た「メタセコイア並木」です。

今年は、黄葉前の緑の様子を楽しむために寄ってみました。

(箱館山とマキノ高原は、クルマだとすぐ近くです。)

  

s-IMGP1610108393_SYLKP

クルマの合間を見て、中央付近からの「メタセコイア並木」です。

(左の方で下の娘も頑張っています。(笑))

  

s-IMGP1610108395_SYLKP

やっぱり安全第一で木の下から。(ここにも娘が・・・。)

緑の「メタセコイア並木」もいいですね。

   

s-IMGP1610108405_SYLKP

日の当たる並木の西側から。

  

s-IMGP1610108415_SYLKP

そして、こちらは、反対に東側から、並木の長さを強調してみました。

本当にこれだけの直線でメタセコイア並木をつくったのはすごいですね。

  

s-IMGP1610108421_SYLKP

日差しをメタセコイア越しに入れてみました。

一日、いいお天気でした。

  

s-IMGP1610108423_SYLKP

「メタセコイア並木」を楽しむ時にクルマの駐車ポイントとなる「マキノ ピックランド」です。

この日も人がいっぱいでした。

(周辺で、栗拾いや、ぶどう狩りなどなども楽しめるようでした。)

  

これからきれいになる黄葉シーズンに「メタセコイア並木」をゆっくり楽しもうという方は、朝、早めにここに着くように来られた方がよいと思います。

朝一にここを楽しんでから、次の目的地へ行くようにした方がいいでしょうね。

  

こうして、午後2時過ぎまで楽しんで、早めに湖北を後にして、帰路につきました。

まだお昼過ぎだから気を抜いて帰っていたら、湖西の国道161号線の大渋滞に巻き込まれました。

びわ湖沿いは逃げ道がなく、結局、帰りは、往路の3倍くらいの時間をかけることになりました。

  

湖北まで来た時の帰りは、距離的にはちょっと遠回りですが、湖東の北陸自動車道を通って帰る方が良さそうです。

(湖西の国道161号線は、カーナビの渋滞情報に表示されないのが問題で、状況が読めないので要注意です。)

  

こんな感じで、帰りの運転でバテバテになった湖北ドライブでしたが、秋晴れの気持ち良いびわ湖を楽しめました。